鎌倉でしらす丼、島(海見ず)、セッションと盛りだくさんでした

しらす丼は濃いめの味付けのタレがかかっているけどサクッとしてる。
ただ少食の俺にとっては巨大な2つのしらすのかき揚げは多すぎました。
江ノ島?を眺めつつ、絶好の海日和な割に海は見ることはありませんでした…。
その後はBlueGrooveでセッションを含めた貴重体験をしてきました。
社長兼ギタリストのtakaさんから海外出張での貴重な体験談を聞きつつ。
先週から自分に大きな課題を与えコツコツとギターのスキルをあげています。
実力はまだ発揮できないけど分かる人には分かるほどの進歩はあったかと。

Daughtryが初来日公演…初だったとは知らなかった

そして1stアルバムが発売されてもう8年っていうのも驚くねw
日本では知名度もあるだろうし何度か来日しているものと思ってた。
アルバムは09年の2nd以降、11年の3rd、13年4thは未チェック。
DAUGHTRY、10月に東阪で待望の初来日公演を開催決定!
せっかくの機会なのでライブは分からないけどアルバムは聴いてみようかな。
個人的にはやはり06年の1stが強烈に残っているんだけどね(汗)
4thはカントリーの要素を大胆に取り入れた…と書かれてたけど気になる。

2-5-1の練習をどのように進めていけばいいか

先週末に指導していただいた2-5-1の練習をとにかくやっています。
とくに難しいことではないかと…コードトーン中心に指板を見る。
慣れてきたらそれぞれの指がコードトーンの何度の音かを意識しながら。
とにかく考えながら弾いているので頭が疲れてきますw
逆に早いフレーズを弾くわけではないので指は疲れないですね。
すぐに結果を出せるか分かりませんがやるしかないんです。
維持は停滞に等しい、少しでも前に進めるように努力していきます。

Kelly SIMONZ in 上田、セミナーが開催されます

今回のセミナーは大規模なものではなく1人1人のプレイを見てくれるもの。
勿論、自分もギターを持って参加します。
最終的には皆でセッションなどもするようですね。
Kellyさんのアンプで音を鳴らすことも出来るかもしれないとのこと。
Kellyさんをよく知る方もこんな体験は中々出来ないことと思います。
また、定員に達し次第締め切りですのでご予約はお早めに!
Kelly SIMONZ(ケリー サイモン)ギターセミナー

第48回葛飾納涼花火大会に行ってきました

葛飾の両さん、柴又の寅さんと有名な地域での花火大会。
予想通り、両さん花火や寅さん花火も打ち上がっていました。
奇跡的に物凄く良い場所(スポンサー席の真後ろ)で座って見られました。
場所は忘れましたが去年も都内で花火大会を見たのですが…すごいですわ。
元々、花火を見るのはさほど好きでは無かった気持ちが変わるほど綺麗で豪華。
60万人近い人が集まるかなり大規模な花火大会、帰宅のパニックは想定済。
警備員に空いている帰路を教えてもらいかなりスムーズに帰宅できたのですw

DigiTechのiStompを導入してみました…とりあえずDelayを

iStompはネットからデジタルデータをダウンロードして使うエフェクター。
46種類のエフェクターがあるんだとか…1番必要としているDelayをテスト中。
Delay音に少しゆらぎを追加する(モジュレーション)タイプのディレイです。
ディレイ音が良いとか悪いとかそこまで気にするタイプではないので大丈夫。
心配は機材を通ることによる音の変化があるかどうか…少ない方が好きなんです。
意外と言ったら言い方が悪いかもしれないけれど、既存のものより変化が少なかった。
変化に耐えられなかったディレイと聴き比べるべく上田に持って帰りますw

京王線が落雷で停電、火災も発生したとかで駅で立ち往生

電車にも乗り慣れたなと思ってきた矢先、とうとう巻き込まれてしまいました(涙)
周囲の話に聞き耳を立てていると京王線は自然災害ですぐに止まるのだと…。
にしても停電くらいならすぐに復旧するのではないか?高をくくっていましたが。
1時間ほど車内で様子を見ていると最終的に電車から出てください!と指示が。
結局、駅の外へ出る羽目になってしまいました…指示をもらうのに1時間半。
振替輸送のバスを待つこと1時間、最寄りの駅までの道のり1時間。
自宅に付くまで5時間弱もかかってしまいました…いやぁすごいねマジで(汗)

今後のギター人生にも関わる大きな課題が見つかった

まずは意識改革からということ。
といっても漠然とさせずに具体的な計画で進めていきたいと思います。
一定の危機感も持ちつつ確実に前進していかないとダメだね。
そして立ち止まらず継続的にしていかないとダメ。
幸い、俺の周りにはすごいミュージシャンが沢山いるので見習いつつだね。
ただただ心が折れているだけじゃ何にもならんから(汗)
というか折れている場合じゃないかな…。

熱帯夜なんて言うけれど…我慢が足りないんじゃないの?

俺はエアコンが付いた部屋で生活をしたことが一度もなかったから。
長野県の夜は比較的涼しいことが多く熱帯夜をイメージしにくかった。
年に3夜あるかないかの熱帯夜も扇風機があればなんとか凌ぐことができる。
エアコン無しでないと寝られない?我慢が足りないのではと思っていたけど。
言っていることがようやく理解できたわ…一日中30度を下回らないとか(涙)
エアコン付けないと寝られないどころか息苦しくなるイメージ。
若ければ我慢!?も少しはイメージできるけど俺は無理…ダメだったわ。

« Previous | Next »