« Previous

Dave Weckl(デイヴ・ウェックル)の生の演奏を見てみて

東京秋葉原にて大変に小規模なセミナーに参加してきた。(写真はこちら
Dave Wecklはジャズドラマーとのことだが話の中心はGrooveについてだった。
純粋にテクニカルなことは2割3割だった印象を受ける…。
今年は既に数人の外国の方のドラミングを目の当たりにしているけども。
個人の印象ではSnareを鳴らす位置が一番ルーズなロックなドラマーだった。
やっぱRockGrooveだって簡単にやってのけるんだわ…マジでかっこ良かった。
YouTubeでは絶対に味わう事が出来ないまるで別物のGrooveだったよ。

西荻窪でのジャム、各パートが4人ほどいたので楽しかったw

地元Ideaのジャムの形式にかなり近いスタイルだったので参加しやすかった。
違いは鍵盤の方が多いということ、管楽器やタンバリンの方も居ました。
この日は偶然かとは思うけどブルースやジャズの雰囲気は無い日だったかなw
どちらかと言うとファンクのGrooveが基本というか多い印象を受けました。
あ…でも途中でゲイリー・ムーアみたいな雰囲気になったこともあったな。
人によってかなりスタイルに変化があるジャムの形式なんだよね。
また近々伺ってみようかと思います。w.jaz(だぶじゃず)というお店です。

今日のジャムはギタリストはたくさんくるかな…ってか来て

先週は珍しく…というか本当に半年ぶりくらいに師と2人だけだった。
Ideaのジャムは基本的には2人のギタリストがステージに上がるスタイル。
なので俺と師は3時間上がりっぱなしになってしまったんだよね。
上がれば上がるでGrooveでたくさんのチャレンジが出来るから良いんだけど。
いかんせんジャムは弾きっぱなしになる場面が多いから疲れちゃってさ。
まーでも体力が無いっていうこと…で、体力からストレッチに考えが以降して…
まずはストレッチってなったんだwまずは準備体操だよ、そっから体力づくりだよw

本日のジャムは出ずっぱりw収穫がたくさんありました

他のパートはたくさんいたがなぜかギタリストが少なかった。
ずっとステージに上がっていたので色んな事に挑戦することができたかも。
今日は師から1つ希望を持てる助言をもらったんだよねw
あぁいう演奏をしたい、Grooveを出したいって思うアーティストは多い。
最近、引いちゃうくらいすごいGrooveで演奏するバンドを見たことがあった。
希望じゃなくて絶望に近い感情を抱いてしまったんだよね。
それを聞いた師が解決方法を教えてくれたんだ、絶対に結果を出さないとな。

気持ちとは裏腹にあまりギターを弾けない日が多い…

ここ数日は立て込んでいたというかなんというか…
ようやくいつものようにギターを持って充実した日々を過ごし始めてるかなw
まるで触らない日というのは無かったんだけど充実はしてなかったな。
結構不安な弾き始めだったけど…良かった感覚が戻ってきた。
この感覚さえ戻ってくれば他の弾く練習はしない。
作曲とかGrooveトレーニングとかに移行しちゃうの。
ただこの感覚を毎日戻すのが大変だったりするんだよねー。(涙)

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

今年はダラダラと家で過ごす年末年始にはならなかった。
色んな所に顔を出していたというわけでもないんだけどね。
師と2時間程度、Grooveについて話をしていた。
2013年、初めての音楽談義は「うねるGrooveについて」だった。
幸先が良すぎるね…来年の今頃には「大分良くなった」と言わせてやる。
新年早々、大きすぎる課題となってしまったが、ありがたいこと。
こうやってブログに書いておくのも大事なことだと思ったからさw

« Previous