Next »

超絶3Daysの最終日、上田Idea Sound Project

KellySIMONZ氏によるGuitarセミナー&アドヴァイスに行きました。
平日の開催でしたが予想通りの大入りで4時間などあっという間でした。
あらゆる視点を持つこと、周囲の音に常に反応しながらプレイすること。
メンタルなどを含めミュージシャンとして総合的な力を付ける指導でした。
今まで行ってきた多くのギターセミナーとは全く異質なものでした。
俺にとっては人生初の衝撃、ものすごい刺激となりました。
音楽に対する情熱が身体の中から溢れかえってきているんですよ!!

今日から東京の部屋を借りて2年目に突入します

行き来が多かったので1年間居っぱなしというわけにはいかなかったな。
何とか1年間生活してきましたが…出会いは物凄くありましたね。
大きな決断も沢山ありましたし2年目は大変に充実しそうな予感です。
結構「イイ歳」ですので変に影響されることも被れることも無かったですw
もちろん音楽的には影響されまくっている日々でしたよね…。
いわゆる挫折のようなことは毎週のように経験してきました。
代わりに誇りを持てるところも発見、2年目はそこを伸ばしていきたいと思います。

ケリーサイモン 超絶ギタリスト養成セミナー in 松本

ケリーサイモン超絶ギターセミナーレポート!(島村楽器サイト)
松本で行われた今回を含め3回のセミナーは皆勤賞を維持したままです。
個人的に今回のセミナーで注目していたのは新しいエフェクターのサウンド。
間近でそのサウンドを聴け、確認できたことは本当に貴重な体験でした。
終了後に少人数でお話し、今後のビジョンなどもお聴きすることができました。
毎度のことながら刺激をいただき音楽活動に活かしていきたいと思います。
俺にも弾ける!?と錯覚を起こし実際に弾いてみてやっぱすげぇわと思う流れw

6月15日、ケリー・サイモンさんのギターセミナーに行きます

島村楽器松本パルコ店で行われるセミナーに参加できそうなので行ってきます。
今回で3度目の松本パルコ店セミナーになり、毎回、違う人を連れ出してます。
確定ではありませんが若いギタリストを何人か誘っています…来るかな(汗)
最近は音楽環境は激変し一緒に音楽をする方も変わったけど馴染みも勿論ある。
懐かしいメンバーを揃えて超絶プレイを見せるのと同時にお互いの近況報告も。
よくよく考えてみたら6月後半は週1でケリーさんにお会いするスケジュールだ。
最後に島村楽器のリンクを貼ります。■シマブロ松本パルコ店

剛浩邸でコンパクトエフェクター試奏とセッションと…

この日は大阪からJAZZを主に演奏する敏腕ギタリストが同席されていた。
自分と同じ年でありながら技術や知識の差に愕然としたがこれもまた刺激に。
そして剛浩兄さんが大量に購入したあるエフェクターを試奏する。
空間系の音質が非常に良く兄さんも高評価をしていたかな。
しばらく使い潰したので使い方も完璧に理解出来たし…使いこなしていないけどw
剛浩邸は確実に俺にとって音楽活動の中核を形成していく場所になってる。
見えない何か(天候や病)が邪魔するが絶対にそいつらに負けない自信もある。

先輩のF氏と共にF氏の仕事の様子を見学させてもらう

F氏は先輩…にも関わらず俺が寝坊して遅れちまった(涙)
2時間ほど押して練馬の自宅まで車で迎えに来てくれたんだ。
しかも、その車の中には俺が預けてあったアンプを入れる段ボールが(汗)
至れり尽くせりで寝坊ってやばいねマジで…でもF氏は優しいままでした。
仕事の仕入れに立ち会ったんだよね…商品の運搬の手伝いをしたかな。
重くは無いけど量が多かったので恐らく俺の力でも役には立ったと思うよw
仕事内容は音楽的ではなかったのでイメージはしにくかったけど…楽しかったね。

JUYANIS(フヤニス)、キチュアの伝統音楽を聴きに行く

南米エクアドル出身のグループで主にスペイン語で歌い上げる伝統音楽。
どうやら全国各地で精力的に伝統音楽を演奏して回っているようです。
Live☆エールエールA館|広島レポーターズ
スペイン語を話せる友人を連れて行き距離を近づけようと企んでいたのですが…
結局、友人は来ること無く俺1人で見に行く事に…そして一言も話せず帰宅(涙)
企みは失敗に終わりましたがイベント自体は非常に楽しいものでした。
個人的に弦楽器より管楽器の印象が強い…ダンスやステップも良かったなw

ジャムの後は決まった3人が最後まで残ることが多い

結局、ギター片手に朝の6時位まで話をしていましたw
特に自分が熱くなってしまったのは「時間」の話だったな…。
情熱はあるのだけどどうしても時間が創れないから音楽活動ができない。
これは嘘ですよね…(汗)情熱が足りないだけだと思いますけど!!
ということを、歳を重ねてくると中々簡単には言えなくなってくる。
この先の人生、砂時計の形のように間が狭くなることだって容易にあること。
若者に「暇だ…」なんていういうことをそう簡単に言って欲しくないのです。

この人かっこいいなーと思うのはこんなところです

容姿などのかっこよさではなく、音楽的にかっこいいかどうかということね。
大きく括ってしまうと技術がある人がかっこいいっていうことなんだけど。
「ハーモニー感覚」が自分と似ているとかっこいいなと思ってしまうかも。
ハーモニー感覚も技術の内の1つだから技術がある人という事にもなるんだけど。
上手い人でも自分と微妙にハーモニーが違うとかっこいいとは思わないかな。
そもそも違う事に耳がいってハーモニーをないがしろにする人もいるでしょう?
そういう人はかっこいいって思わないかもな…Grooveは更に深い話になります。

Next »