« Previous | Next »

なんか首が苦しいと思ったらインナーだけ逆に着てたわ(涙)

ちょっときつい首を気にしつつ後輩を連れて食事へ行きました。
機材の搬入搬出を少し手伝ってもらったからさ。
ラーメンを食べに行ったよ。
なんか今日は喉の通りが悪いなって全部食べられなかったんだよね。
きっと首が閉まっていたせいだわw
ラーメン自体は美味しかったーもやしの味噌だった。
さて、今日もプロギタリストのフレーズ一個盗んでから寝よう。

本日のJamはコントロールしやすい音で演奏できたかなw

先週はリードチャンネルで演奏しちゃったからね…今日は大丈夫w
で、来週までにまた課題ができたよ、ミドルが少し落ちてきているらしい。
いわゆるドンシャリサウンドとは全く違う領域の話だけどね。
クランチサウンドの範囲内でのミドルの話って言えば良いのかなぁ?
自分なりに色々と検討はしてみようと思う、来週また感想を頂こう!!
あとね低い弦のミュートをした時の音(結構速いフレーズ)を褒めて頂いた。
ここ数ヶ月で大分上手になってきた、自分でも分かっていたから嬉しかったな。

世界一好きなギタリストGreg Howeのちょっと面白い話

Greg HoweがフロントPUのシグネイチャーモデルを出したっていう話なのかな?
随分と前の話だからいつ発売されたのか詳細は全然分からないんだけど。
そのPUのいわゆる「デモ演奏」を収録した動画を見ていた時のこと…
PUの解説を終え、Gregはオリジナル曲を1曲演奏してくれたんだ。
するとあろうことか「曲中の9割9分9厘がリアPUで演奏する」という事態にw
きっと2小節か3小節、本当に1フレーズしかフロントで弾いとらんよ…。
確かに、Greg Howeはリアを使っているイメージが強いは強いけどさ(涙)

自分のギターの音に関しての方向性があるかないか…

トッププロギタリストなんかは音もフレーズも個性があるね。
聴けばすぐに誰か分かるでしょう。
好き嫌いは別としても誰と分かる音やフレーズはそうそう作れない。
方向性っていうのは個性的な音というような強いものでもないけど…
好き嫌いはさすがに15年も弾いていると出てきた気がする。
言葉では上手く表現できないけど確実にある感じ。
他人がなんと言おうと俺にとって好きな音がある…アンプは分からないけどね。

昨日かっこいいと思ったフレーズ、翌朝に聴くと微妙なんだ…

音とかもそうだよね、とかくYouTube動画なんかが。
聴いた時はすっごいかっこいいと思って明日コピーしようとか思うの。
で、いざ翌朝になって聴き直してみると微妙だったりするんだよねw
今回もそんなギターフレーズだったんだけど…第一印象を大事にしてみたw
1フレーズはFunkソロって書いてあったなー。
リズムはダブルシャッフルだったよ。
1,2番線がクロマチックに展開していくようなフレーズだった。

Steve Lukatherのあるフレーズをコピーしてみた。

別に音源があるわけではないけどね。
Rosannaのソロだよ。
有名だから知っている人も多いかも。
Steve Lukather Masterなんちゃらっていう本人出演のビデオを見てたの。
本人がやるんだから普通は信じるでしょう?
意気揚々と完璧にコピーしてCDに合わせて弾いてみたら…違う(汗)
でも、本人が変えちゃったんだからこれはこれなんだけどね。

昔作った曲を聞き返してるんだけど…こんな風にやったの?

すっかりやったことを忘れていたフレーズばかり…
なんかね、よくやっているというか面白いんだよ。
今の俺だったらこんな風に弾かないかもって思っちゃうとちょっと刺激的。
やっぱ定期的に自分の演奏や曲を記録に残しておくのは大事なことだね。
今ならこう弾くっていう感じでまた新たな曲になる可能性も秘めている。
なんか、創作意欲が湧いてきた気がする。
もっともっと曲を記録していこうw

お店でSteve Lukatherの楽曲が流れていたのを聞いて…

時々出てくる「ルカサーフレーズ」がかっこよくてね。
ちょっと真似したくなってきてしまった。
きっとさ、聞く人が聞いたらそれはルカサーのフレーズではないのかもだけど。
俺にとっては完璧にルカサーを彷彿させるソロフレーズなんだ。
まずはそのソロアルバムを手にするところからかも知れないな。
15分程度しか聞くことができなかったんだけども…
3回もその類のフレーズを聞くことができたからねw

Jeff BeckのJeff Beck’s Guitar Shopを聴いていますw

Jeff Beck, Terry Bozzio, Tony Hymasのお三方w
1989年に発売されたアルバムなんだけどね。
実は久しぶりに聴いたんだ…。
やっぱね、かっこいいなと改めて思っているところなの。
自分が好きだと思っていたギタリストのオリジナルフレーズ…
既に10年も前にJeff Beckがやっていたりする。
もしかしたら、それも違ってもっと以前にやられていたりするのかな?

« Previous | Next »