徐々にきてるよーたった2日しか経ってないけど分かるよー

ステンレス製のフレットの話です。
初日はフレットの高さや質に翻弄されてしまった感がありましたが…
2日間みっちり弾けば大分両手に馴染んできていると実感できます。
セッティングもものすごい影響するからそれも追い込めてきたかと。
ピックアップの高さや弦高の関係かな?個人的には影響は大きいです。
ここまでくるのはもっと時間がかかると思っていたけどかなり早かったね。
素晴らしいアンプに出会えたおかげで聞き取る耳の成長がものすごいんですわ。

Seenギターがステンレス製のフレットに変わって返って来た

フレットが変わったことで変わった事はまだ分からんw
自分でセッティングに関して追い込んだわけじゃないからね。
これから1ヶ月以上かけてじっくり追い込むつもりです。
ただ思っていた以上の「音の硬さ」というのは無いと思う。
その変わり物自体の硬さは実感できたよ…ヴィブラートとかね。
ベンド(チョーキング)の時もそうだけど少しコツがいるかもしれない。
今までは若干削っている感覚で今回は完全に跳ね返される感じでツルツルw

ジャムセッション終了後に話がフレット削りにまで発展する

話だけじゃないんだよ…実際にフレットを削るまでに発展したんだw
擦り合わせをするっていうことではないけどフレットの飛び出した部分を削った。
俺は自分の「Shred Neck」(シュレッドネック)を削ったんだw
木が痩せてしまったのか上も下も少しだけフレットがはみ出してきちゃった。
造りというよりかは俺が車の中に放置したのが原因かと思われます。
メインのSeenギターではそんな「車内放置」なんてことは怖くて出来ないけど(涙)
一応マスキングテープなども貼り初めてのフレット加工を体験したよー。

誰も見向きもしてくれないイモネジの話題の続きを書きますw

結局6.5mmの製造はしていないと工場から回答がありました。
なので7mmのイモネジを発注することにしました。
ブリッジの駒が何mm上がるかっていうのはフレットを変えないと分からないこと。
もしかしたら7mmでは全然足りず8mmが必要になるかもしれないけどね(汗)
話は変わり今回のフレット打ち替えと同時にボリュームポットも変えるつもり。
実は先日ケリーサイモン氏のポットのトルクは実際に触って体感してきたんだ。
自分のポットと変わりは無かったのでトルクは引き継ぎって感じかな。

ブリッジの駒の高さを調整するネジ…高さ6.5mmは無いものか

フレットの高さがもしかしたら0.5mmほど高くなるでしょう?
今、6mmの高さのイモネジでギリギリの状態なのでちょっと気になってね。
もしかしたら足りなくなる可能性も無いとは言えない。(マニアックだね)
ということで7mmイモネジをメールで直接頼むことにした。
実は7mmはネット上には掲載されておらずメールでしか受け付けてくれない…
ということは知っていたのでねw今は6.5mmは造れないか聞いているところ。
6.5mmがもし可能だったら完璧なんだけどねめちゃくちゃ美しいと予想してる(汗)

今日から東京にいます…友人にドタキャンされたんだけどな

一緒に行くはずだった友人にドタキャンされてしまった。
予約を入れてしまったりチケットを買ってしまったものがあったから。
友人には申し訳ないが違う友人と予定を遂行させてもらうことにした。
心配していた台風の影響もなんとかギリギリ受けずに済みそうだ。
ちなみに10月1日のお昼ごろに着く予定だから。
着いてすぐ東北沢の方へ向かいます。
今回はギター持参で上京するから湿度が低いことを願っているんだ。

何でか知らんけどここ数日、「誘惑」が多すぎる気がする

誘惑っていうのは「お買い物」の話しだw
しかもちょっとだけ高額なものが多いいんだ。
音楽機材以外はそれほど物欲は無いから誘惑っていうのは機材のことだね。
9万円するMIDIペダルが欲しくなったり…何故か新しいアンプが欲しくなったり。
すっげぇ欲しかったけど冷静になって優先順位を考えてみた…。
俺、来年あたりにメインのギターのフレットをステンレス製に交換するんだった。
自分でやらないから5万から6万くらいかかっちゃうと思うんだ…こっちの方が先w

今度、工房に行ってフレットのあれこれを聞いてこようと思う。

自分用の記事でごめんなさいね。
忘れないようにメモりますw
1.国産の形状と同方でステンレスが無いか?(高さ・幅)
2.ステンレス製フレットの種類を細かく
以上、2項目だけなんだけどさ。
先日、No.6100のフレットが付いているテレキャスを弾いたよ。
すごいね、6100はさすがに俺のフレットとは別のものに感じるよw