Next »

どうやら希望を叶えるには「Super Switch」が必要らしい

ピックアップセレクターの話…配線に関しては全く無知でした。
5wayで「F、F+M(C)、F+R、M(C)+R、R」という配線が希望なのです。
通常の5wayピックアップセレクターでは不可能な配線とのこと。
ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / New Oak Super Switch
ということで上記の商品であればその希望を叶えることができるのですw
無知なので知らずに面倒くさいことを要求していることと思います。
あとはスイッチ自体が本体に納まるかどうか…が微妙なんですよこれが!(涙)

ピックガードを加工することになりそうなので決断は慎重に

SH配列からSSH配列に変更っていうのは決断しました。
以前付いていたPAFに手を加え(改造)出力をかなり抑えました。
PAFサウンドに精通しておられる方の製品、後はギターとの相性だけw
出力が下がったことを受けフロントピックアップも低出力のものに変更。
Fender製とかなり悩みましたがDiMarzioのDP415(Area’58)にしました。
センターは今フロントに付いているDiMarzioのDP416(Area’61)を移植。
2つともスタックタイプなのでそのまま繋いでもノイズの心配は無いかな。

頭から湯気が出そうですが…理解している事を文字にします

シングル・コイルPUのハーフトーンに関しての知識です。
同巻き・同磁極、もしくは逆巻き・逆磁極と並列に繋いだ場合はIn-Phase
同巻き・逆磁極、もしくは逆巻き・同磁極と並列に繋いだ場合はOut-of-Phase
「同巻き・同磁極、もしくは逆巻き・逆磁極」の違いはハムキャンセルの有無かも。
「同巻き・逆磁極、もしくは逆巻き・同磁極」の違いもハムキャンセルの有無かも。
ちなみに「逆巻き・逆磁極、もしくは逆巻き・同磁極」がハムキャンセル出来ます。
俺はこういう音が欲しいだけの話なのです…■音源へ(YouTube)

「In-Phase」と「Out-of-Phase」(位相が同じと逆)

ギターのピックアップ、ハーフトーンに関しての話です。
センター(ミドル)PUを付けるに際して理解しないとダメなこと。
検索が出来る範囲で勉強はしてみたし構造は理解できたと思うんだけど。
音と知識が一致しないので困ってるんだよね。
Pickups Half Out-of-Phase HOoP – Wilde Keystones
きっとこの辺なのかな…俺が欲しているのは位相が同じなのか逆なのか。
これからもっと調べるけど…今のところ位相は同じなんだと思ってる。

センターピックアップを付けてみようと思っています

10年ほどセンタピックアップが無いギターを弾いてきた。
あったとしても下げてしまって配線はしていない仕様だった。
ここ1年位はセンターとどっかのミックスを聴く機会が非常に多い。
聴いているギターそのもののサウンドが良い!ということもあるけれど。
試してみたくても付いていないんじゃ欲求不満になる一方なのです。
一時は珍しいPU配列だからっていうだけでそれにしていたけど。
この頃は自分のだとどんな音がするのか気になって仕方なくなってきてる。

最近、低出力のハムバッカーピックアップに興味があります

あまり下げすぎると3Sにした方が…ということにもなりかねない。
シングルフロント、ハムリアという括りで低出力を考えています。
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SH-1b Black 4C
DUNCANのANTIQUITY HUMBUCKERにカバーが無ければそれも興味あり。
低出力だとニュアンスが出しやすい!ということを体感してみたい。
SH-1bは低価格だから試しやすいかも知れないねw買ってみるか…。
他のメーカーも含めオススメがありましたら連絡よろしくお願いします。

偶然多所で名前を聞いたピックアップ「YJM Fury STK-S10」

Yngwie MalmsteenがDuncanと組んで作ったシングルコイルピックアップ。
弾いた感想や印象などを耳にすると俺も試してみたいなーって思ってしまう。
ネットなどでは3Sが多いんだよな…誰かリアハムに載っけた人はいないかな。
出力のバランスさえ取れれば音色の好み云々は別としても試してみたいけど。
と言いつつも最近は音色のバランスも少し気に出来るようになってきたんだよな。
そういった意味で考えているのは3S化…ちょっと予算がかかるけどね。
変な周期にハマッてしまう前に信頼出来る先輩に相談してしまおうか(涙)

リアピックアップ(ハムバッカー)の使い方が良い日ですね

フロントはシングルでリアはハム、バランスを取るのが難しい配列。
李さんにアンプを作ってもらった時もここには注意して作って頂いた。
単純に出力のバランスは長年研究しているからそこそこ合っていると思う。
それなりにお金もかけたし…ただ音色のバランスは中々難しいんだわ。
ぶっちゃけ3シングルや2ハムギターに憧れを抱いてしまうことすらある。
「使い方が良い」というのは音色的バランスを上手くコントロールできたということ。
セレクターのセンター時はミックスなんだけどそれもコントロールできてたかな。

JCM800 CUSTOM (Designed by Masahiro Lee)入手

一般的なカスタマイズギターアンプどころの話ではないことを改めて実感した。
俺の使用しているギターは他のギターと違い鳴る音のピークが異なる。
それはギターだけでなくピックアップやピックやピッキングそのものも含めて。
その人のギタースタイルに応じてアンプ側でピークを調整する作業をしてくれた。
これは市販のスピーカーをいくつも試すというものとはまた違うもの。
カスタマイズしてくださったLeeさんの耳が気になる音域を調整していく。
大好きなギタリストも信頼するLeeさんの耳…信頼できないはずが無いわっ!

Next »