« Previous

CARVIN X-100B TUBE AMP 壊れてなかったwというか…

絶体絶命からの復帰で逆にいい音になってたw
まるでドラゴンボールZのサイヤ人のような復活劇だった。
一応セッティング書いておこう!!
イコライザー関係はすべて10だったな。
クリーンチャンネルでマスターは9、ゲインは2だった。
50wにしておいたけどやっぱり大音量ではあるね。
ピッキングのニュアンスが出やすいとても弾きやすい音だったよー。

ここ数日ちょっとした練習のコツを覚えたらしく調子が良いw

コツというかなんというかね…摩擦を減らす状態に持っていくんだよ。
どちらかと言ったらギターのメンテナンスとかそっちの話しかもしれない。
まぁでもフィンガリングやピッキングだって摩擦を減らす方向だしな。(汗)
さらに減らすっていう感じかな、俺…大きな変化はあまり好きじゃないから。
でもね、そのほんのちょっと微妙な摩擦の削減によって大分変わるんだよ。
フィンガリングは摩擦が少ないと大分楽なことに気がついたw
楽というかなんというか…長時間の運動にも耐えられるということね。

高校生の子にチョコとフリスクを「お礼」だといってもらったw

その子はギタリストなんだけども昔に弾き方をちょっとだけ教えたの。
教えたっていうかギターは特に右手(ピッキング)が大事でしょ?
だから、左手の練習よりか右手の練習をした方が良いよって言ったんだよ。
その子はそれをかなり重く受け止めたらしくずっと練習していたらしいんだ。
2年後…ある音楽コンテストで審査員に右手をすごくほめられたんだってw
これは俺のおかげだと思ってくれたらしくチョコをフリスクを持ってきた。
やっぱ右手が上手な方がいいよね…まー左手(フィンガリング)もだけどさ(汗)

本日のギター教室の内容は以下の通り、忘れるなよ俺

今日はピッキングのニュアンスについての講義だったね。
新年会のはずが途中から大音量でアンプを鳴らして講義が始まるっていうねw
さて、講義の内容は…ニュアンスを10段階に分けるんだ。
今の俺は1から6の後に一気に10に行ってしまうらしいんだ(涙)
7から9までのニュアンスをコントロールできるようにする
それが最大かつ早急な課題ということで自宅で必死に練習したいと思います。
今日は講義していただいた師匠の他、弟弟子らもいたから刺激的だったぜーww

今月は左手の練習、コードの押さえ方を徹底的にやります。

もちろんね、ピッキングの練習は今まで通りしてさ。
その他にコードの押さえ方を徹底的にやっていこうと思います。
まずは4声から…
師匠から教わった6番線ルートと5番線ルート4番線ルートと。
改めてしっかりやってみると、抑えていないことがいっぱい。
練習している感じがするなw
一ヶ月みっちりやろう。

昨日も反省点が出たんだが…さてどうするか…。

サウンドに関して、アンプ自体が自身のピッキングについてきていないっていう点はあげもらったな。
それは、機材についてのダメだしかな?
俺が表現したいピッキングに機材がついてきていないっていうことらしいね。
範囲が狭いというかなんというか。
そこらへんは、自分でも気がつけていたりする。

« Previous