スピーカーキャビネットのバックパネルを自作する

久しぶりにIdea Sound Projectのセッションに参加した。
セッション中やその後に師匠の手を借りて自作してみた。
どのくらいの大きさにするかなどは2人で話をしながら決定した。
見た目はかなりいい感じに仕上がった。(写真はこちら
元から付いていたものは今後の売却を見据えて保管することにしたんだ。
横幅を広げ容積を全体的に増やせばもう少し豊かな低音になるかも?
そもそもキャビネットの設計がそうはさせてくれないんだけどさ。

半年くらい悩んでいたスピーカースタンドをついに購入w

御影石とか木製で大きさをカスタマイズするとか色々と悩んだ挙句。
机の上のスピーカーを耳の高さに合わせる事に特化したスタンドを購入。
商品が届いたので早速組み立ててスピーカーをセットしてみました。
スピーカスタンド(Twitterへのリンク)
YAMAHA HS50M(本体が黒で白いコーンのSP)が乗っているスタンドです。
机とスピーカーの設置面はゴム製で遊びがあるのでガタつく事はありません。
角度も無段階に調整できるんだけど逆に大変だったかな…1時間くらいかかった。

「縦20」「横16.5」「高さ(厚さ)12.5」センチの台が2つ欲しい

机の上にあるスピーカーの高さを上げるために必要なんだよね。
自分の耳の高さに合わせるためには12.5センチが必要なんだ。
材質とかこだわっていると御影石とかいう話にもなってくるのかな?
別に御影石でも良いんだけど高さが12.5センチは高くて手が出ないと思う。
なるべく低音は響いてもらいたくないので伝わりづらいものが良い。
伝えたサイズに木材を切ってもらうか…ベストサイズの棚があれば良いんだけど。
2つで5千円くらいだったら即買すると思う、なんか良い案はないものかね。

周辺機材を徐々に整理していくことに決めた…まずはアンプ

今、一生使っていけるギターアンプヘッドとスピーカーとキャビネットを製作中。
このアンプさえあれば今持っているものは全ていらなくなるのは確実。
出来上がったら詳細は書こうとは思っているので今は触れないね。
というか詳細はこれから決まっていく感じだからねw
というわけで俺の部屋が片付き始めたというわけです。
整理できるものはこれを機に出来るだけ整理しようと思ってる。
移動しやすいように身軽になっておきたいっていうのもあるかな?

「プチLee amp祭り」を受け50wのアンプの大切さを痛感する

俺に必要なのは50wのアンプなのだと思った。
ライブハウス規模で活動する場合はこれ以上は要らないと思ったよ。
で…俺が持っているアンプで50wなのは数ある中でたった1つ(涙)
それもコンボタイプのアンプが一つだけ。
今まですごく愛着を持って所持してきたアンプなだけに残念だよ…。
スピーカーとの組み合わせがめちゃくちゃ重要ということも実感したので。
コンボタイプでも良いんじゃないかとはちょっとだけ思ったけどね。

そのブランド特有の形が分かっていればオークションでもイイね

洋服の話ね、最近、デニムなどをオークションで買うことが多い。
数回しか着用していないものやタグが付いているものまで出品されることがある。
当然、新品で購入するのと比べ半額はもちろんのこと3割や2割の値段で買える。
試着できない怖さがあるから今まで手を出したことが無かったけど…。
履いた事があるデニムの色違いが欲しい場合などはこれでも良いかなって。
ブランド特有の絞り方が分かっていれば公式サイズを見ればいけるよね!?
そういえばスピーカーの特性、慣れてくれば数字だけで音が分かるって聞いた。