Next »

Kelly SIMONZ in 上田、セミナーが開催されます

今回のセミナーは大規模なものではなく1人1人のプレイを見てくれるもの。
勿論、自分もギターを持って参加します。
最終的には皆でセッションなどもするようですね。
Kellyさんのアンプで音を鳴らすことも出来るかもしれないとのこと。
Kellyさんをよく知る方もこんな体験は中々出来ないことと思います。
また、定員に達し次第締め切りですのでご予約はお早めに!
Kelly SIMONZ(ケリー サイモン)ギターセミナー

久しぶりに顔を出したらPAシステムにかなり変化がありました

急きょ上田Ideaのジャム・セッションに行けることになりました。
連絡したの前日(誰かさんは1分前w)だったけかな?友人を誘えなかった(涙)
サブウーファーとメインの卓が変わっていました…パワーアンプもか。
一番変化があったのはやはりドラムだったかな?
今までは俺たちギタリストがヌケヌケのサウンドで目立っていましたけども。
ドラムも機材的にも徐々に追い付いてきたじゃーん!そんな印象でしたw
ドラマーはかなり嬉しいんじゃないかな?ぜひセッションその他で試してみて。

ディレイの話で1つ試していなかったことがありました

そういえばドライ音のみを出力する端子があったんだったw
この音と比較しなければ「通すことによる」の判断が出来なかったね。
この場にアンプもディレイも無いのが残念…早く帰宅したいです。
直列か並列かというのもこの比較をしないと確実なことは言えなかった(涙)
出来れば直列で繋ぎっぱなしにしたいので、早とちりであって欲しいな。
気にし過ぎも良くないのかもしれないけれど原音が物凄く好きだからな。
原音が好き…というか原音のピッキングニュアンスの伝わり方が好きということ。

2週間ぶりにアンプが手元に戻ってきました…順調です

剛浩兄さんにお願いしてあったアンプが自宅に届きました。
自分の情報伝達能力が低いといいますか…上手く症状を伝えられず。
一旦は考えられるところを交換し様子見という処置でした。
症状に関しては何度も体験しているので同じことにならないか様子を見ます。
自宅に1台もアンプが無い時のストレスは半端無かったので良かったですw
ゆくゆくはこういった時のために違う種類のアンプをもう一台欲しいですね。
ってか、お金の問題だけだな…お金があったら買ってるなきっと(汗)

2週間弱ぶりに自宅に帰ってきたがアンプが無かったわ

アンプが1台もない状態なので生音でしか弾けない(涙)
だけど最近は生音でアンプから出ている音を想像できるようなったな。
生音やピックが弦に当たる感覚などで何となく想像できる。
触ったことが無いギターならばそれも難しいとは思うけど。
俺は良いギターを何本も持つ余裕が無く実質1本しか持ってない状態。
なので生音からアンプの音を想像できるのもこの1本でしか出来ない。
ごめん!そんな特技はいいや…アンプがあればいいことだから(汗)

先輩のF氏と共にF氏の仕事の様子を見学させてもらう

F氏は先輩…にも関わらず俺が寝坊して遅れちまった(涙)
2時間ほど押して練馬の自宅まで車で迎えに来てくれたんだ。
しかも、その車の中には俺が預けてあったアンプを入れる段ボールが(汗)
至れり尽くせりで寝坊ってやばいねマジで…でもF氏は優しいままでした。
仕事の仕入れに立ち会ったんだよね…商品の運搬の手伝いをしたかな。
重くは無いけど量が多かったので恐らく俺の力でも役には立ったと思うよw
仕事内容は音楽的ではなかったのでイメージはしにくかったけど…楽しかったね。

セッション虎の穴、2日目は怪我を忘れて参加しちゃう

1日目の衝撃があまりにも強すぎて参加せざるを得ない気持ちになった。
朝からアンプやエフェクター、ギターなどをフル装備で会場に向かった。
怖かったのはセッションまでの2週間、殆どギターを弾けなかったこと。
思うように弾けないのははっきりしていたけど…元々そんなに弾けないし(涙)
みんなでGrooveしているのを聴いているから居ても立ってもいられなかった。
おかげで完治まで日数が少し伸びたかな?という感じになっちゃったけどw
価値のある体験をさせてもらいました…次回はドラマーもっと来い!!

77年製のStratocasterをお借りし自分のアンプで弾いてみる

お借りしたのは1977年製 Fender USA Stratocasterです。
詳しくは無いので細かいところはよく分かりませんが…完璧なVintageです。
今までロングスケールいわゆる王道のストラトに接してき辛い環境にありました。
ショートスケールがどうのロングスケールがどうのというのを体感してみたいと。
理想と現実の開きが果たしてあるのか?という確認も含めての実験かな。
弦の太さからスケールの違いからくるテンション感の変化などもじっくりと。
ここにきて自分の機材で調べて納得したいと思い、色々と試してますw

250kΩAカーブのボリュームポットとPAF改の関係は良い

諸先輩方から250kと500kのポットは絞りに違いがあると聞きました。
そうでは無い意見もたくさん聞かせていただき1人悩んでいましたが…
自分が好きな音で好きなように下がれば問題無いと、250kに挑戦しました。
PAF改と250kのポットの相性は良い、絞ってこれほどこもらないとはね。
それはアンプが最高でPAF改とポットも最高だから何だけどね…バランスw
PAF改にいたっては今まで個人的邪魔だった低音域の音が引っ込んでくれた。
歯切れが良くなった分、Grooveも良く聴こえる…というか自分でそう思うw

Next »