« | »

太い弦(5、6弦など)を使ってソロを取るときの指導を受ける

主に6弦に関して、ソロを取るような時の俺の注意点。
ほんの少し右手でミュートをする感じで弾いていると良いかも。
より音が客席に届いてくるということでした。
次回は以上のことに注意をし再度挑戦してみようかな。
すべての音をミュートしろというわけでは決して無く、ニュアンスの話。
巻いていない弦に比べ表現力が落ちるということ。
どうすれば巻いていない弦の表現力に追いつくか?ということ。

[`twib` not found]
Share on Facebook
Share on GREE

この記事へのコメント & トラックバック

この記事へのコメントはありません

コメントを書く





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

-コメント投稿に関しての注意事項-
※ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
※記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
URLを含むコメントは管理人の承認制とし、反映も承認後となります。

※この記事へのコメントRSSを取得されたい方はこちらからどうぞ。

トラックバック URL