« | »

Shane Gaalaasのドラムセミナーで学んだこと

T.M.Stevensから学んだことを一部リンクしているところがあったんだ。
言い方は違えど俺は同じことを言っているという風に解釈したよ。
Grooveとはまた別の感覚の練習、タイム感(ビート)の話なんだよね。
バンド演奏している時に誰かが一小節ブレイクするなんて普通にあるじゃない?
もしかしたらセッションとかならバンド全体が一小節止まることも予想出来る。
誰も鳴らしていないけれど身体の中のタイム感は聴こえるほど共有できている。
Grooveはその上にどう乗っかるのか?という話…履き違えると危険な話だけどw

[`twib` not found]
Share on Facebook
Share on GREE

この記事へのコメント & トラックバック

この記事へのコメントはありません

コメントを書く





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

-コメント投稿に関しての注意事項-
※ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
※記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
URLを含むコメントは管理人の承認制とし、反映も承認後となります。

※この記事へのコメントRSSを取得されたい方はこちらからどうぞ。

トラックバック URL