« | »

77年製のStratocasterをお借りし自分のアンプで弾いてみる

お借りしたのは1977年製 Fender USA Stratocasterです。
詳しくは無いので細かいところはよく分かりませんが…完璧なVintageです。
今までロングスケールいわゆる王道のストラトに接してき辛い環境にありました。
ショートスケールがどうのロングスケールがどうのというのを体感してみたいと。
理想と現実の開きが果たしてあるのか?という確認も含めての実験かな。
弦の太さからスケールの違いからくるテンション感の変化などもじっくりと。
ここにきて自分の機材で調べて納得したいと思い、色々と試してますw

[`twib` not found]
Share on Facebook
Share on GREE

この記事へのコメント & トラックバック

この記事へのコメントはありません

コメントを書く





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

-コメント投稿に関しての注意事項-
※ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
※記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
URLを含むコメントは管理人の承認制とし、反映も承認後となります。

※この記事へのコメントRSSを取得されたい方はこちらからどうぞ。

トラックバック URL