« | »

250kΩAカーブのボリュームポットとPAF改の関係は良い

諸先輩方から250kと500kのポットは絞りに違いがあると聞きました。
そうでは無い意見もたくさん聞かせていただき1人悩んでいましたが…
自分が好きな音で好きなように下がれば問題無いと、250kに挑戦しました。
PAF改と250kのポットの相性は良い、絞ってこれほどこもらないとはね。
それはアンプが最高でPAF改とポットも最高だから何だけどね…バランスw
PAF改にいたっては今まで個人的邪魔だった低音域の音が引っ込んでくれた。
歯切れが良くなった分、Grooveも良く聴こえる…というか自分でそう思うw

[`twib` not found]
Share on Facebook
Share on GREE

この記事へのコメント & トラックバック

この記事へのコメントはありません

コメントを書く





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

-コメント投稿に関しての注意事項-
※ご記入していただいた情報はメールアドレス以外全てウェブ(当ブログ)上に表示されます。
※記入内容は直後に反映(表示)されない場合がありますが、必ず反映されますのでご安心ください。
URLを含むコメントは管理人の承認制とし、反映も承認後となります。

※この記事へのコメントRSSを取得されたい方はこちらからどうぞ。

トラックバック URL